2021/10/05

「相手の立場になって考えましょう」は、想像力の領域展開

■幼稚園や、小学校の低学年の頃・・・

大抵の子ども達が言われているはずの言葉。
「相手の立場になって考えましょう」

言われた頃が遠い遠い過去になってしまって
そこから幾星霜を過ごし、

そこそこの分別も身についた(はずの)今、
改めて、この言葉を考えてみる。


■「相手の立場になって考えてみましょう」

実はこれは、
子どもにとってどころか、大人にだって、
なかなかに高度な技術を必要とするのではないか。

だって、
誰にだってそう言う記憶があると思うけど、
自分の気持ちにだけ素直なお年頃のお子達だ。

次から次へ自然に湧いてくる欲求・欲望、

  • あれが欲しい、
  • これがしたい、
  • それを食べたい、
  • あそこに行きたい、

このシンプルな思いに抗えないお子達には、
「自分自身を客観視すること」すら難しいはず。

いわんや、
自分以外の人の気持ちになって考えるなんて
正直、「え、なに、それ?」なんじゃなかろうか。


■大人だって、そうなんじゃないか?

別の人物になりきる必要のあるお仕事の方達、
俳優さんだったり、
ある種の(主に夜間の)接客業だったり、

または、
問題解決のために、
相手をしっかりと理解する必要のある
カウンセリングやコンサルティングのような
相談のお仕事に携わる方々、

あるいは、
医療従事者や関係者、介護やケアなどに携わる方々、

もしくは、
何らかの『憑依』を受け入れ可能な能力を有し、
それをお仕事とするような特殊な生業の方々とか

そういう皆さんには、
「相手の立場になって考える」事は、
必要不可欠な能力で、
そう言ったことにも慣れているかも知れない。


■でも、一般的には、

どんなに想像力を駆使したとしても、
そこそこ主観的な思い込みやバイアスが残るのは
どうしたって否めない。

だって、
もともと 別の人間、違う人格なんだもん。

だから、
「相手の立場になって考えましょう」というのは、

想像できる範囲で、
自分にとっても相手にとっても
よりよい結果に結びつきそうな言動をしましょう。

・・・ということなんだろう。

そういうことを幼いお子達に理解してもらうのは
本当に難しいことだと思う。


■でも、それができると・・・

そう言うスキルを身につけると、
ものすごく、生きるのが楽になっていくはず。

だから、お子達には

「ちょっとだけ、〇〇ちゃんの気持ちになって考えてみようか」
「もし、あなたが〇〇ちゃんだったとしたら、どんな風に思うかな?」

・・・これくらいが丁度よいと思える。

いや、大人にだって これは当てはまるよね。

相手の気持ちを理解しようとする気持ちが、
ほんの少しでもあれば、
そして、あればあるほど、

自分の中の苛立ち、怒り、不快感、不安感、
ネガティブな感情が薄れ、
心が軽くなっていくと思う。


■影響されやすくなれ、と言うのではなく

自分は自分として、シッカリと自我があってよい。

そうでなければ、
本当の意味で「相手の立場になって考える」ことも難しい。

考えなしに相手に迎合してばかりでも、
その先、お互いに得るものの質も
決して高くはなさそうだしね。

まあ、人によっては
どうしたって理解不可能な
奇妙な世界観や価値観の人もいる。

そういうのは、
とりあえず上手に距離を取るしかない。

でも、それは自分の経験不足などで、
理解度が及んでないせいかも知れないし、

あまりにも異なる価値観に対して、
恐怖や嫌悪や拒絶は
大なり小なり誰にでもあるはず。

それでも、
人間としての最低限のモラルをクリアしつつ、
自分の許容量が拡大し、

揺るがない「自分」と言うものができてくれば
大抵の他人に対して、
その気持ちを慮ることは可能になる・・・はず。


■年齢・性別・国籍・職業・経歴・性癖 etc.

どのようなスペックの相手に対しても
「相手の立場になって考えてみる」
という経験を重ねて、

そのような「相手になれる」スキルを持てば、
そこから、色々と面白い展開が始まりそうな気がする。

取りあえず、
家族の中の誰かになってみて考えてみよう。
どんなことでも構わない(笑)

  • 今日の晩ご飯は何を食べたいか
  • 今、何が一番欲しいか
  • 私に対して、何を望んでいるのか
  • 今年のおうちハロウィーンの仮装は何がしたいか
  • 私に対して、恐くて面と向かって言えない一言は何か

(あれ?考えたくない事もあったな、いま)


■想像力を領域展開!

まるで、子どもの頃の
『ごっこ遊び』のように楽しいじゃないか!

そして、可能なら、
後から本人に答え合わせをしてみても、また楽しい。

誰だって、
自分のことを真剣に考えてくれるのは
そんなにイヤじゃないはずさ。


さて、今年の「おうちハロウィーン」は何しよう?



2021/10/02

寝坊して、新しい楽しみ方を見つけた

 ■げげげ、寝坊した~

このところ睡眠不足、というか、

諸事情あって、睡眠が分断されることが度々あるので

全体として睡眠の質がキープできていない。

そんな中、今朝はすっかりお寝坊さんしてしまった。

6:10!ひええええええええ!


このまま朝のウォーキングに行ってたら、

6:25からの、Eテレの『テレビ体操』には、

確実に間に合わなくなる。


どうする?

選択肢は幾つかある。


  1. ウォーキングを休んで、『テレビ体操』をする
  2. 『テレビ体操』をスルー、ウォーキングに行く
  3. ウォーキング行って、帰宅後Youtube見ながら『ラジオ体操』

・・・しばし考えた後、4つめの選択肢に思い当たる。

  『テレビ体操』を済ませて、ウォーキングに行く


これだ!


別に、ウォーキングの時刻は決められているわけではない。

暑かったり、眩しかったりするのがイヤで

朝の早い時刻に行っているだけ。


早朝は、わずかな時間で空の色が変わるから、

そんな風景の変化を見られるのも面白い。












美しい朝焼けが突然見えてくるのも、本当に楽しい。



■では今日も 10月からの新しい顔に会おう

昨日も書いたように、Eテレの『テレビ体操』に

3人のお兄さんが新しいアシスタントとしてデビュー!

本日も、元気に力強くしなやかに頑張っておられた。


別に比較というのではないけれど、

お兄さん達の参加によって、

お姉さん達が、よりエレガントにより美しく見えて、

お兄さん達も初々しく、若々しく、可愛らしく(笑)

この10月からの変化は、ホントに正解だったと思った。


体操の種類も増えてきて、難易度も様々で、

こういった変化は、

毎日の習慣として続けていくのには、

ホント~~~~に、有り難い!


■「慣れる」と「飽きる」は紙一重

繰り返せば慣れるけれど、慣れすぎれば飽きる。

程よいバランスで、健康維持のファーストステップ。

これこそが、日本の誇る国民健康法、ラジオ体操!


  1. 30分ウォーキング(お墓参りを含む)
  2. みんなの体操&ラジオ体操(=テレビ体操)
  3. 5分筋トレ(ご自宅お手軽フィットネス)
  4. 軽い運動6種類


今の私は、基本この4つで

緩いながらも、そして たまに弛みながらも、

もそもそと、自分の健康に留意している。


飽きずに、楽しく慣れれば 

習慣化は成功!定着していくこととなる♪


■さて、いつもと違う時間帯のウォーキングに出発









いつもなら、こんな感じの出発も・・・

時刻が変われば、こうなる(笑)








いや~、新鮮でしたねー!






この風景も、










これですもん。明るいったら(笑)


少し時間帯が変わっただけで、

風景も、匂いも、温度も、気持ちも違ってくる。

朝のウォーキングをする人も多いけれど、

毎朝、見かける人達も、時間が違えば変わってくる。


お寝坊したおかげで(笑)、

また新しい楽しみ方を見つけたかも知れないな。


秋から冬に向かって日も短くなってきている。

これからは、

時々違う時間帯にもウォーキングしてみよっと。

2021/10/01

10月1日、朝のラジオ体操(Eテレ テレビ体操)に、お兄さんが!

 ■朝からビックリ!Eテレのテレビ体操に新風?

朝の「出来るときだけ」習慣、

Eテレで朝からやっている『テレビ体操』。

このところ睡眠不足で、出来ない日も出てきていたけれど・・・

今日から10月でもあるし、

ちょっと頑張って、朝のウォーキングも済ませ、

6:25テレビの前へ・・・

ええええええええええ!!!!!!?????

お兄さんが・・・二人・・・いる!?


この風景、我が家のリビングにちょっと衝撃走った(笑)

「うわ~、お兄さんがいるねえ!すご~い、面白ーい!」

みたいな明るく楽しい雰囲気の衝撃だったけれど(笑)


主に、素晴らしく発達したふくらはぎに視線が・・・

ああ、我が家にも約1名いるな 体育会系のふくらはぎ(笑)


■そっか、10月だし、気分一新?

昔からお姉さんばっかりだったし、

メイクがちょっとアレだった時期もあったし、

ハイレグっぽいレオタードの時もあったし、

世のお父さん達の、

朝の出勤前のちょいと楽しいひとときだったかも知れないけど。

(逆に、私は何だかちょっと苦手な風景だった気がする)


そういう時代から比べれば、

今は清々しく健康的なコスチュームだし、

可愛らしいお姉さんがいっぱいだし、

ピアニストに男性(能條貴大さん)もいるし、

今の方が自然で私は好きだな~と思っている。


■検索掛けてみたら、伴奏もお兄さんが一人増えたのね

『NHK テレビ体操』 (クリックするとサイトに飛びます)


新しいアシスタントのお兄さんは3人いらっしゃるらしい。

伴奏のピアニストさんも、お兄さんが一人増えていた。


一部SNSなどでは、

すごい違和感が・・・とか

ジェンダー対策が・・・とか

視聴者から不満の声が・・・

なんて話もあったみたいだけど


だからなんでしょう?という感じだな。

新しいことに対しては、

たとえどんなものにでも、文句をつける人は一定数いるさ。


では、私は応援の声を上げようじゃないか!


お兄さん達、頑張ってください!

我が家では、み~んなして応援していますよー!

多分、遠すぎてこの声は届かないとは思いますが(T-T)


これから毎日、6:25から楽しみにしていますよー!!!

この秋からの、朝の新しい風ですね♪


コロナでうずくまりそうな、みんなの心と体に、

体操と一緒に元気を届けてくださいね(^▽^)







2021/09/30

睡眠負債の蓄積を実感

 ■睡眠の質と時間が確保できず、不具合が生じている

このところ、

『家族』の健康状態が不安定で

睡眠の質と時間が確保できない日が続いている。

私のQOL(Quality of Life。人生の質、生活の質)が、

低下していることは否めない。


  • ず~っとぼんやりしている
  • 何をしていてもうっすら眠い
  • 肩から首から頭が重い
  • 些細なことでも怒りっぽい
  • 視力が低下
  • 身体の左右のバランスが上手くとれない
  • 簡単な計算をアホみたいに間違う
  • ご飯が美味しくない


・・・こんな状態だと、毎日がホントつまらない(T-T)

浅くて短い睡眠から目覚めると、

新しい一日への意欲も既に削られている感じ。


■必要以上に神経質になっている?

春に母を見送った私は、

自分や家族の健康と命について、

とても臆病になっている。


そんな中で、

生後2ヶ月から育てている10才半のチワワの

健康状態がここしばらく芳しくなくて、

この頃では、些細な呼吸音にさえ不安を感じている。


夜中に何度起こされても気にならないほど、

『命』の心配をしている。


それでも、やっぱり睡眠の分断はこたえる。

オチッコに起こされたり、

咳き込みや呼吸音(いびき)で目が覚めたりと、

就寝後に何度も起きると眠りも浅くなる。


8才くらいまでは本当に元気で、

何の心配もないどころか、元気すぎて元気すぎて、

お散歩の時の坂道ダッシュについて行けない始末で、

自分自身の老化の現実を嘆いていたくらい元気チワワだった。








去勢手術のあと肥満し、

気管虚脱と、副腎腫瘍、心臓の僧帽弁逆流・三尖弁逆流といった

持病を持つようになった。








現段階での手術は、リスクの方が高いそうなので、

かかりつけの動物病院の先生とお話しして

ゆっくり、細く長く生きられるように・・・と


10才超えのチワワのQOLを下げずに、

ストレスを与えずに、現状をキープしていく方法を選択した。


■人間だろうがチワワだろうが、

生きていれば加齢は当然、老化もすれば劣化もある。

だから、自然なものであれば粛々と受け入れ、

今の自分が出来る最善の対応をして、

命を大切にしていくだけだ。


つまり、

状況の変化によって、私が変われば良いと言うこと。


そして、それが可能であるように、

私自身の機能を維持向上させるような、

生活習慣をどんどん作って、修正&改善していけば良い。


・・・てか、それくらいしか出来る事はない(笑)


■良い睡眠のために行動を変える

それにしても、

睡眠の質と時間が低下する状況が続くと

これほど顕著によろしくない影響が現れるとは!


知識として知っているのと、自分の身体で実感するのは、

衝撃度合いが全く違う・・・加齢の果てならではの現実(T-T)


昔は、徹夜なんて平気でできた(楽しい事なら)

今は、徹夜をしようという気持ちもない。

翌日確実に、自分が自分として機能しなくなり、

結果として、自分以外の人達にも影響が出てしまう。


現状、チワワが継続的に眠れる時間に

私も睡眠を取るというのが効率が良い。

定着している早寝早起き習慣は、少し形を変える。


家事に支障を来さない程度の変更ならば、

家族も承知してくれる・・・というか、

私が決定したら、それに反対したところで 多分 無駄・・・

家庭内鬼舞辻無惨様の面目躍如(詮索無用)


家事を終えてからやっていた運動習慣&5分筋トレも、

開始時刻を変えたり、組み合わせを工夫したり、

フレキシブルに対応・・・つまりは適当に、臨機応変に。


早朝の短いウォーキングと、

6:25からのEテレ見ながらの『みんなの体操&ラジオ体操』も、

可能な時にはやって、出来ない時には時間をずらして。

ウォーキングは夕方でもいいし、

ラジオ体操はYoutube見ながらでもいい。


習慣を長続きさせるのは、

環境の設定と、神経質になりすぎないこと。


これは、

数々の失敗と、数少ない小さな成功で得た 貴重な経験的資源。


良い睡眠は、身体と脳を休ませ、回復させてくれる。

この大事な時間を有効に活かすことが、

自分と家族の幸せにダイレクトに繋がってくると考える。


元気で、自分が自分として充分に機能する状態でいたい私は、

食事と睡眠と運動については、日々修正&改善している。








10才5ヶ月、お気に入りのプーさんの上で何となく保護色風味

2021/09/14

サボるというのは、こういうことさ

 ジブリ作品は『風立ちぬ』くらいまでは見ている

1984年の『風の谷のナウシカ』から

2013年の『風立ちぬ』までは、

ほぼほぼ見ている・・・はずのジブリ作品。


1988年の『となりのトトロ』から

2006年の『ゲド戦記』までは、

キャッチコピーを糸井重里さんが手がけていらっしゃる。


中でも、私の中でベスト3に入る(3番という意味ではない)、

好きなキャッチコピーが、

1992年『紅の豚』の


カッコイイとはこういうことさ


で、それを拝借して

「サボるというのは、こういうことさ」

と、素直に言ってみた。


当然ながら、

「カッコワルイとはこういうことさ」

を、清々しいほどに体現している。


なんだかんだ言い訳を拾ってきて、

ツギハギにくっつけたところで、


サボリ倒した事実は、

誰よりも自分が知っている。


この後悔に意味はないし、虚しいし、

時間の無駄の上塗りにしかならない。


真摯に反省し、原因を分析し、

効果的な対策を立てて、

目標に向かってキッチリ実行するなら、


この先に活かせる機会も・・・

多少はあるかも知れないか?

まあ、やらなかったから、

今の惨状がある。


この「先送り癖」「敵前逃亡癖」

大昔から、私の骨身に染みついている気がする。


何度も何度も、繰り返してきている。


こんなに長く生きているのに、

まだ、この同じ課題を後生大事に抱えているのか。


これをカッコワルイと言わずして、

何と言えるのか。・・・あ、愚かというのか。


■流されるままの時間が、未来の自分を直撃する

その時その時には、なんとな~く

うっすらとした罪悪感は確かにある。


ただ、あまりにうっすら過ぎて、

現状認識&修正のスイッチが見えてない。


しかも、それなりに日常はあって

毎日の課題の一部はやっているので

時間さえ過ぎれば、一日は終わった・・・

と思い込む。


目標は達成されていなくても、

眠れば自動的にスイッチオフで

「また明日~」だ。


でも、この地味な敗北感は

静かに、心の奥底で、

じわじわと自尊心を棄損し続ける。


いつまでも放置しているから

蓄積されていき・・・


ポタポタと蛇口から漏れている水滴が

コップに溜まって、いつかこぼれ出すみたいに

「時間がもったいない!」が言語化される。


なんの進捗もない現実として、視覚化される瞬間を迎える。


何も形になってない!

何の成果も手にしていない!!

私の幸福の条件はひとつも満たされていない!!!


もちろん時間は不可逆。


この先の人生をどれほど長く生きても、

もう2度と、「その時間」は取り戻せない。


自分の残り時間がそんなに多くはないと、

既に自覚している年齢の私には・・・

地味に「痛恨の一撃」になる。

(表現がちょっと「?」かも知れないけど)


しでかした感が満載。もう、てんこ盛り。


■「おお、死んでしまうとはなさけない」

「過去の私」の怠惰が、

その時点での未来の私、つまり「現在の私」を直撃して

HPを大量に奪っていく。


なんなら教会で目が覚めて、

「おお、死んでしまうとは情けない」と言われて

所持金が半分になって、

仲間の棺を3個くらい引っ張っている。


しかも、

仲間を生き返らせるだけのゴールドが貯まるまで

孤独にモンスター達と戦い続けるしかない。


こんな未来はいやだあああああああ!!!

・・・盛大に話がそれたな


■半年間、なにをやってきた?

半年前に母を見送って、

これからの時間を大切に、

丁寧に生きようと心に決めた。


では、この半年間に、私はいったい、

何を積み重ねて、どんな成果を得たのか?

抱えている課題の、幾つを解決出来たのか?


いや~、具体的なものは何も見えないな。


そうか、なるほど、文字通り

サボるというのは、こういうこと

・・・なのか


無自覚に、

その都度 「なんとなく」で流されて

自分の大切な時間に

価値を与える行動を選択しなければ・・・


こういう未来にたどり着く。


あ~ やだなぁ やだやだ、やだやだ、やだー!

矢がいっぱいだ。

いっぱいの矢が刺さって、ハリネズミだ。


■さて、リハビリ開始!

自分自身がサボって、

自分自身が受けた、

このダメージから復活したい。


今度こそ、

地味に地道に歩いて行こう。

そして、派手に頑張って行こう。


・・・既に意味不明になっているが、

復活したばかりで朦朧としているせいだ。

(耄碌ではなく、一時的な朦朧 モーローです)


私は私の世界のRPGの主人公、勇者。

レベルは低く、スキルもなく、目的も実は定かではない。

自分で明確に設定していないのだから。


何となく歩いて、時々戦って、

時にはしたたかやられて、

持ち金が半分になっても、ひとり生き返っている。


この旅は、もうちょっと続くだろうから、

そろそろ、武器と防具を何とか手に入れて

レベルアップして、スキルを身につけようじゃないか。


もちろん、今度は、明確な目的を持ち

そこに向かう為の目標を設定しようじゃないか。


そして、ひとりで歩き始めるんだ。


この場合、

1997年『もののけ姫』のキャッチコピーが呪文となる。


「生きろ」


さて、とりあえず、

回復の呪文を探しに歩いてみよう。


早朝ウォーキングの、ちょっとしたご褒美のような空。

みるみるうちに朝焼けに染まる。





2021/08/15

衆人環視を楽しむ、お盆

 ■父方も母方も、代々神道の家系

なので、『お盆』というのは、

あまり家族の習慣の中にはなかった。

けれど、

「今は会えなくなった家族が、この期間は帰ってくる」

と言うことなら、拒絶する意味はない。


今年の春に天に召された母が、

寝たきりになった数年間や、

意思疎通が困難だった10数年の歳月をなかったことにして

笑顔で帰ってくると思えば、お盆Welcomeだ。


7年前に先立った父も、26年前に旅立った祖母も、

30年前に逝ってしまった妹も、

母が加わったことで、きっと一緒にワーワー帰ってくる!

根拠なく確信した私は、

今年は早々にお墓周りを掃除し、神棚にお供え物を並べ、

どこから、どんな風に帰って来てもOK!とばかりに

準備万端・・・だったのに


■なんなんだ!この連日の大雨は!?

お盆の初日から、毎日

避難準備しろ、高齢者は避難開始せよ、と

市からの緊急速報が入りまくった。


崩れる土砂もなく、水害も来ない場所にある、

この超・老朽家屋の住民の中の最高齢者の私は

何をどうしたら良いのか分からず、

お土砂降りの雨の音を聞きながら、

ラジオ体操や5分筋トレをしていた。


お盆で帰って来ていたであろう、祖母や両親や妹は

ダンベル持って筋トレしている私を見て、

どう思っただろうか?


朝からラジオ体操をシャキシャキやっている私を見て、

笑ってくれただろうか?


■愛しく懐かしいギャラリー達がいると思えば・・・

そりゃあ、いつもより気持ちは盛り上がるさ。

もちろん、日頃から真面目にやっている。

ラジオ体操も、5分筋トレも、腕振り運動も、

未来の自分へ少しでも健康をプレゼントしたくて

地味に地道に、時折ゆるくサボりつつも、

自分なりに積み重ねている。


だけど、

今は触れることも話すことも出来ない、愛する家族達に

シッカリ見られていると思えば、

そりゃあ気合いの入り方も違ってくる(笑)

元気な私を見せて、安心させてあげたいと思うもの。


■これこそは、『衆人環視の効果』

その、非常に身近な例と言って良いのではないか?

ラジオ体操も筋トレも、

正直、毎日それなりに独りで黙々とやってはいるけど、

時々、眠気に負けたり、疲れていたりで、

ゆるいことをやったりする日も、ないわけじゃない。


でも、自分以外の人々がいる環境を意識すれば

人は気が入る生きもの・・・らしい(笑)


未来の自分に健康を贈りたくて、

毎日少しでも運動すると決めたからには、

生涯にわたって良質の習慣として定着させたい。


でも、弛むのが人間(笑)


だから、時には衆人環視の力を拝借して、

自分の気持ちをシャキッとさせるのも良いな~と

土砂降り続きだったお盆に思う。


■明日から、小学生達の夏休みのラジオ体操が再開。

お盆が終わったので、自治会館前の広場で。

これに毎回参加している(笑)


日頃は、6:25からテレビの前でやっているが

夏休みは、小学生達と一緒に6:30からラジオの前で。


いつもよりキッチリ、豪快に、楽しくやっている。

小学生だけでなく、ご父兄方や、ご近所の高齢者の方々も、

参加されることもあり、

これもまた、衆人環視の効果で(笑)、大人げなく張り切る私である。


くれぐれも、囚人監視ではございませんことよ、ホホホ。





雨が上がったので、早朝ウォーキングも再開だ。