2016/04/05

正二十面体

1年間の留学を終えて帰国した家族から

お土産にもらったのが・・・




正二十面体とやらのダイス・・・かな?これ。


スイスの国立博物館のショップからやってきたが、

多分、ネットでも手に入るんじゃなかろうか?

しかし、モノに意味を宿すのは、いつだって人の思いなのだ。



比較的w手の大きい私(小指の先から親指の先まで20cm)の、

握りこぶしの中には絶対に隠し切れないサイズ。

・・・どんな説明だ。



6~7センチくらいある、透明のアクリル(?)に

金色の文字で1から20まで番号が書いてある。


なんだろう、これが、思いのほか・・・楽しい。

手の中でころがすと、しっくりとなじんで、なんとも嬉しい。

なんで嬉しいのか、楽しいのか、それはよく分からない。



でも、こうやって 

すんなりと私のところにやってきたのだから・・・

これは、運命ってヤツなんだな。大切にしよう。


とりあえず、おひさまのあたる南の窓のそばに置いてながめてる。

0 件のコメント:

コメントを投稿