2016/09/16

何かにすばらしく秀でている人がいても・・・

何かにすばらしく秀でている人がいても、
その人の判断が、いつも全て正しいとは限らない。
部分的な評価だけで、その全体を肯定するのは
人間に対しては、ちょっと難しいかも知れないなと感じる。
完璧な人なんていない。
だからこそ、人は努力し続けられるし
その成長も有限ではないんだと思う。
判断は、同意も共感も反発も否定も
その人の言葉や行動の
ひとつひとつに対してしかできない。
でも、そんな小さなことが積み重なって、
その人に対する信頼に繋がっていく。
その人自体の全部を
肯定も否定もしない

いや、そんなこと出来っこない。
だからこそ、ひとつひとつの判断は丁寧に…と思う。
誰もみな、一生懸命に生きている。
諍いや争いが好きな人などいない。
誰かを傷つけたり、傷つけられたりしたい人などいない。
自分を信じるように人も信じたい。
誰かを信じるように人からも信じられたい。
その思いは同じなのに
それが上手くいかないとしたら・・・
多分、自分が未熟なせいなんだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿