2016/04/05

でも、無意識に人に好かれようとするのは、やっぱり人の自然なんだろう

あまり物事を深く考え過ぎると

何となくいつも壁にぶち当たってしまう・・・

と、感じる人は多いだろう。



だから、「メンドクサイ」の呪文で

避けられるものは避けてしまうというのは

弱者の自己防衛機能の一つかも知れない。



ここで言う『弱者』とは

「心優しい未熟者」とも言い換えられていい。



どこの世界にも、

よく分からないけど声だけは大きくて

周囲に肯定者が少なくないために

ひとつ正しかったり、良かったりすると

全部ひっくるめて正しいと認識されがちな人がいる。



そこに向かって異論や反論や、

肯定を避ける反応をすると・・・なぜか攻撃される(笑)



そういったものに関わると、概ね

理不尽に不愉快な思いをさせられる可能性が高いので

上手に距離を取るのが大人ではあるのだろう



が・・・


まあ、本音を言えばイヤだよね(笑)

自分に嘘をつくのは気持ちよくないから。



諍いを避けるための「距離を取る」という選択は、

エネルギーを無駄に消費せずに、

有益な事に投入すると言う点では正しいんだろう。



ただし、

思い出しては、イヤ~~な思いをするくらいなら

もうひとつ、思い切って

なんなら、相手を全部肯定してやればいい。



自分がそうであるように、

みな、自分の正義で動いている。

だから、相手の『正義』は「相手の正義」という範疇で

肯定してみればいい。



自分に理解できないこと、知らないことなんて

それこそ、い~~~~っぱいある。



自分が未熟だから、今はまだ理解できずにいるんだと

そういう説明でスッキリするなら

悩んだり憤ったり悲しんだり嘆いたりする時間とエネルギーを

自分を楽しく高めるために使った方がいいに決まってる。














(※この赤いの、何の脈絡もなく置いたが、説明は後ほどw)

でも、無意識に人に好かれようとするのは、やっぱり人の自然なんだろう。


だって、自分ひとりで幸せになるなんて

好きで大切な人たちと一緒に幸せでいることに比べたら

・・・ちっちゃいし、つまんないもん(笑)


ただし、

好かれるために嘘をつくくらいなら

黙って、時を待つほうがいい。


分からないことを分かったふりしたり

攻撃されたくなくて自分を偽るよりずっといい。


誠実であるという事は、

自分にも他人にも結局は一番優しいのだ。


ああ、なんだか、メンドクサイ事を書いてしまったぞ(笑)


家族が健康を取り戻したのが嬉しくて、

若干、舞い上がっているワタクシ。





0 件のコメント:

コメントを投稿