2016/04/04

年をとってる暇がない

母が救急搬送。

昨年から数えて4回目かな。。。



人生というのは、

突然何が起こるか分からない

これは誰だって同じことなんだけど



自宅介護の日常では、その確率と頻度が高いなぁ

自分が年をとってる暇がないほどに(笑)

一日の過ぎ方が昔とは全然違う気がする



。。。なんて軽口をたたけるのも

今は落ち着いて安定しているから



元気だった頃の思い出の中の母と

今の、私を忘れて寝たきりになってしまった母と

間違いなくどちらも同じ、大切な母



でも、やっぱり寂しく感じることがあるのは

否定できないし、仕方ない



どうにもならないなと思える事に直面したら

今の自分に出来ること淡々と積み重ねる



動かせるのは自分だけ

でも、自分が動けば、何かが必ず変わっていく



それは実感しているから

誰が知らなくても、

今日をきちんきちんと丁寧に過ごす






0 件のコメント:

コメントを投稿