2013/09/30

「捨てる」を後押し

お片付の基本は、
「増えすぎたモノは捨てる」
って事らしいです。

つまり、
自分で持ち切れる(把握・管理できる)モノの総量を知って

それを越えたら、
アッサリとサッパリと処分してしまえば

溢れたモノに右往左往して
時間や場所や心を取られたりしなくてすむ。



『「お片付」捨てる編』を後押ししてくれる名言

迷ったらゴミ
使わなきゃゴミ
なくしても買いなおさないものは捨てる

いつかは絶対来ない「いつか使う」は絶対ない

使えるか、ではなく「使っているか」

高いものはすぐ使う
古い化粧品は女を古くする

悩む理由が値段なら買う
欲しくないのに「お得」を理由に買わない

こんなに洋服持ってても、
いつも着る服同じじゃない?

普段使ってないのにとってあるもの
それ、災害時に持って逃げたい?

全部捨てたら未来だけ残る。
思い出の品を捨てても、思い出は消えない

過去を捨てなくては、未来の場所がない。

服があり過ぎると福が来ない。  
紙があり過ぎると神が来ない。

心の隙間をゴミで埋めない
言い訳するより、振り分けする。

明日は明日のゴミが出る

捨てることより大切で

お片付けより楽なのは・・・
いらないものを買わないこと、もらわないこと。

引用・参考:
http://jp.blogs.com/2009/12/post-169.html 

0 件のコメント:

コメントを投稿