2012/10/07

優しい時間が欲しい時に


気づかないうちに
少しずつ溜まってしまっていた
心の澱みたいなものを

嘆くのでもなく
嫌悪するのでもなく
後悔するのでもなく
諦めるのでもなく

自分の中で静かに

何かに変化させていけばいいんだなと

そんな時に・・・。

脳の何とか波がどーとか、私はあまり考えた事がなくて・・・

心地良い時間を少し過ごして
それで元気が出たらいいなとか、

ぐっすりと眠って、
目覚めたらスッキリと新しい気持ちになれたらいいなとか

そんなシンプルな気持ちで聴いています。


自分の中の消化できてない気持ちとか
漠然とした不安なんかは

自分の中で緩やかに処理していくのが一番いい気がして

人に楽しくないモノをぶつけるのはイヤだし、
我慢し過ぎて心が歪んだり挫けたりするのもイヤだし、

ちょっと深呼吸して、

手に入らないモノやどうにもならない事に思いを乱されるより
自分が持ってるモノを大切にしていく事を考えたい。

優しい時間が欲しい人は、
いつか誰かに優しくしてあげられると思う。

本当の優しさは、弱さの言い訳じゃなくて、
強さの一番洗練された表現形態かも知れない。

0 件のコメント:

コメントを投稿