2012/05/04

Twitterまとめ 47 おかえり

※ツイートを抜粋してまとめて並べただけなので、何の脈絡もありません。

2011年9月中旬~下旬

苦しい時、辛い時、自分の本当の姿が分かる。
これまでの生き方の結 果としての自分という人間の本質が分かる。
何をどう考え、どんな風に行動するのか、何が大切なのか、何を守りたいのか…
そして、私という人間の本当の力が分かる。
これまでの色々な経験は、今を乗り越えるためにあったのだと思おう。

どんなに過酷な現実に打ちのめされても、うずくまるのはやめよう。 
1歩も前へ進めなくなる。大事な人を守れなくなる。
誰に批判されても、無知でも無力でも、
必ずこの苦境を乗り越えるのだという意志を決して失うまい。
何が 一番大切なのかを決して見失うまい。

どんなに傷ついても、惨めでも、情けなくても、
そんなの笑い飛ばしてあげるから、帰っておいで。
誰だって、回り道も迷い道もあるし、やり直しなんていくらでも出来るよ。
騙される事は仕方ない、世の中には良くない性質の大人もいる。
上手に操る人もいる。辛い勉強をしたと思えばいい。

いつか遠い未来に、
自分の子どもに聞かせてあげる笑い話の失敗談が ひとつ増えただけ。
大事なのは、認める勇気、リセットボタンを押す決意。
間違いの上に何を積み重ねても、必ず崩れていくよ。
正しい土台を作るのは、地味で地道な作業だけど、
正しく重ねた努力は事は決して貴方を裏切らない。

長く生きた分、いっぱい失敗がある。
恥ずかしい 事もいっぱいある。今だから分かる。
逃げずに自分の立ち向かうのはとっても勇気が必要だけど、
そこからじゃないと新しい事は始まらない。逃げちゃダメ、もっと遠回りになる。
人生の残り時間が勿体ない。未来は今が作るの。

誰かを許すように、自分の過ちも許してあげればいい。
そして、自分にアドバイスしてあげて。
大丈夫だから、勇気を出して、分かれ道のところまで戻ってやり直してごらん。
それは新しいことの始まりだから。
壊す事は簡単、修復しながら育てる方がずっと大変。
花を咲かせる人になろう。

何も言わなくていい。
笑顔でも、怒り顔でも、泣き顔でもいい。帰っておいで。
いっぱい傷ついた貴方を、私はぎゅっと抱きしめる。
「ただいま」っていわなくてもいいよ。「おかえり」って言う。

クラシックバレエを14年近くやってる人間がいる。去年の夏に膝靭帯の手術をした。
切れた靭帯をつないで、今も膝にはチタンが入っている。
踊れなくなったのは一時的なことだけど、ずい分と辛かったと思う。
1年間は無理をしてはいけないと言われた。大きなショックだったと思う。

痛みと、思うように動かない足。ぽっかりと心に空いた穴。毎回パ・ ドゥ・ドゥを踊っていた発表会を客席から見る…辛かったと思う。
辛い時に出会ったものが、思いのほか自分を評価してくれる世界だった時、
人間は判断力が揺ら ぐのかもしれない。
一度見誤ってしまったら、なかなか修正はきかないらしい。

でも、過ちは正せばいい。ずれた軌道は修正すればいい。
それは、とても勇気のいることだけど、自分自身の大事な人生を大切にしてほしい。
愛されて生まれ、愛されて育った。貴方の周りには、
貴方を心から大切に思う真実の無償の愛があこと、思い出してほしい。

人様の温かい心に触れて なんとか気持ちを立て直した。何て有難いんだろう… 
私もいつか誰かの為に役立てる人間になりたい。
甘いものも苦いものも辛いものも酸っぱいものも、全部自分の心の糧にしてやる。

『もやしもん』みたいに、小さな乳酸菌達が 家の中をフワフワ大量に漂ってて、
「ガンバレー」とか「しっかりせんか」とか叱咤激励してるとこ想像しながら、
前向きな気持ちでいようと思ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿