2012/04/30

Twitterまとめ 46 糧にする

※ツイートを抜粋してまとめて並べただけなので、何の脈絡もありません。

2011年9月初旬~中旬

人の誠意とか、人の真実って、何なんだろうなと…この頃よく考える。
やっぱり自分の都合によって基準が変わるのは仕方ないんだろう。
ダブルスタンダード、トリプルスタンダード。
相手によって見せる顔が違うのは社会生活の上ではままあること。
それは理解できるけど…。本当の信頼って、あるよね。

嘘をつく人も辛いかもしれないが、
嘘をつかれた方は、それが嘘だと分かった瞬間に、ひどく落胆するんだよ。

今までの事も全部が嘘だったのかもしれないなって思えてきて。
言葉だけじゃごまかしきれないものが必ず出てくると思うんだけど…
それでも、貴方達は嘘をつき続けるのかな?って思うと正直しんどい。

良かった思い出までが、くすんで感じるようになると悲しいから、
切り離して考えるように努力するんだけど。

保身のために明らかな嘘をつかれると、そこまでバカに見えるのかなと。
長い事生きてきて、こんな状況に出くわすとは思わなかったな。
過去は過去、現在は現在と、捉えていたのに。

自由の対価として、やるべきことはちゃんとやる。
こんな当たり前の事が出来ないうちは、幾つであっても一人前ではない。

利用できる部分だけを利用して、
めんどくさい事になりそうになったら嘘と捏造で隠蔽しようとする。
そんな、ごまかしを平気で出来る人種っているのかも知れないと
思い始めた自分も情けない。

追い詰めたり、個人情報を暴露したり、憎しみの種を蒔きたくないので、
良識と社会のルールの範囲内で自分に出来る事をしたいと思っています。
私もまた、不安と心配のあまり何かを見失って判断を誤っていてはいけないので。

怨嗟の連環はとても愚かなこと。
一方的にどちらかが全面的に良かったり悪かったりすることはないし、
どちらにも非があり原因があると思う。
それを踏まえた上で、互いに平和的に解決できなければ、ただの未熟な大人。
年齢だけ重ねても仕方ない。

いろいろ調べた時に、被害者が多いのでビックリ。
でも、もめごとを起こす気は全くない。
済んだ事は済んだ事として、シッカリ逞しく成長すればいい。
払った代償は大きくても、いつか糧に出来たらそれでいい。

若者の保身の嘘は、底が浅く見え透いていて微笑ましくも思えるけれど、
いい歳をした大人の保身の嘘は、ただただ見苦しく、情けなく、哀しい。
でも、「まだ中身が子どもなんだ」と思ったら、不思議なことに許せる。
80歳前はみな子ども…ぐらいの気持ちでいた方がいいのかもしれない。

・・・という事は、私も取りあえず、まだ子ども。
沢山の人に助けてもらって、大目に見てもらって、
やっと生きているんだなあ。

座右の銘は、いつになっても『独立自尊』かも知れないな。
この試練も、必ず糧にしよう。
そして、もっと強くて賢くておおらかで優しく楽しい大人になろう。
どんな人や状況が相手でも、
自分が自分としてしっかり立っていたら大丈夫だと思う。

世の中には、ちゃんと美しいものは存在する。
人の心も生き方も、美しいものはたくさんある。希望は失わない。

不器用でも、時間がかかっても、真っ直ぐが一番強い。
歪んだものに惑わされたり翻弄されたりしない。
大事な人を守りたいなら、強く賢くならなくては。

理不尽に負けないように。
でも、戦わなくてもいい。
相手からの理不尽が通用しないほどの存在になればいいんだ。
そして、理不尽を投げつけてくる存在から遠ざかればいいんだ。

人に理不尽をぶつけてくる者は、
いつか、他の誰かからの、
それ以上の理不尽に潰されるんじゃないかな。

突然、生ハムとチーズとパンを食べたくなった。ワインも。
どんなに 辛くても、泣くだけ泣いても、
やっぱり生きているという事はリアルで、そして素晴らしいと思う。

お腹が空いてるわけじゃなくて、
多分家族みんなが一緒の、平凡だけど幸せな風景の中に、
生ハムとチーズとパンとワインがあるんだろう。

昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう。
 『利口な人は問題を解決する。 賢明な人は問題を避ける。』
ああ、言われてみれば本当だなぁ。

*************

諦めて投げ出さない限り、終わる事は無い。
逃げたりしない、絶対に。 
ちゃんと乗り越えて、いつか笑い話にするんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿